[TVツッコミ道場]

「オレのカレーは世界一」吉田栄作の意外な話術

 11月19日放送のNHK「スタジオパークからこんにちは」に、今回はツッコませていただきます。

 ゲストは吉田栄作。現在、NHK連続テレビ小説「だんだん」で、主人公役のマナカナの父親で松江のシジミ漁師、忠役で出演中。

 忠の背中には、2人の妻、離ればなれになった双子、ボクサーの夢の挫折、グレかけた息子などといった、”昼ドラ的設定”が重くのしかかっており、なかなか笑顔を見せてくれない。このドラマを見ていると、いつあのジェットコースタードラマ『もう誰も愛さない』ばりに、「うぉぉぉぉぉーっ!」と叫ぶんだろうと、つい思ってしまう。


 「いつ笑ってくれるんだという質問がよくきますね」と、番組では笑顔を見せてくれたので、ちょっと安心。

 同番組を見ていて印象深かったのが、栄作自身が「かつてのトレンディ俳優・吉田栄作」を客観視していること。トレードマークにもなっていた白いTシャツについては、一時期さすがに恥ずかしい時期もあったといいながら、「結局一番好きな格好なんですよ」とのことで、今も着ているらしい。そのTシャツ話から、

「今もインですか?」

と武内陶子アナにたずねられると、

「基本はアウトです、今の時代はさすがに」

と返す栄作。その後、「栄作ならインじゃないと」という視聴者のツッコミを代弁するかのようなトークが続く。どうでもいいが、この間、何回「イン」「アウト」という言葉を繰り返すんだ、陶子と栄作。

 みんなが期待した、熱い男・吉田栄作の顔がついに出たのが、カレーの話になったとき。栄作自身もカレーに強いこだわりがあり、「オレが作るカレーは世界一」だという。スタパのディレクターもカレー自慢らしく、「オレのほうがうまい」「いや、オレだ」「じゃあ食わせろ」という言い合いになり、ディレクター特製のカレーが登場。一口食べると、

「うまいがね!」

と、島根弁でリアクションというサービスのあと、

「僕のやつの次にうまい」

 負けず嫌い。そして、カレーの隠し味に味噌を入れるということで、はい、熱い一言。

「限界だなっていうぐらい突き詰めたんですけど、もう一段階伸びましたね」

 達者な話芸を見せる栄作だが、視聴者からの「『意外だねえ』と言われることは?」という質問への回答は、

「しゃべってるだけで意外だねえと言われるんですよ」

 確かに。

 衝撃が走ったのは、「僕しじみ君」と書かれたシジミのキャラクターのイラストが披露された瞬間。シジミの貝殻に、眠そうなたれ目とベロを出したキャラで、かなり味がある。ぜひ「ぷっすま」で、草なぎ画伯と対決してもらいたい。

 しかも、イラストには、「だよしさくえい」という、ユーモア感あふれるセンスのひらがなサインつき。その丸文字に、ちょっと「世代」がにじみ出る。

 ところで気になったのが、番組の最後に、「お父ちゃん」とでっかい字で書かれたマナカナからのFAXが大映しにされ、そのまま番組が終わってしまったこと。そんな大事なものが届いているのに、なんで読まれずに終わってしまったの……?

 届いたタイミングが遅すぎたのか。それで、「もう紹介するが時間ない。どうしよう? そうだ、映してしまえ!」という流れか。こういったものは、早めに送っておきましょう。
(太田サトル)

【関連記事】 マナ・カナもすっかりオトナ!? 夜のヒ・ミ・ツに思わず赤面っ …
【関連記事】  NHK朝ドラ『だんだん』の”キモスカ”石橋がクセになる!
【関連記事】 ベストセラーの次は講演行脚!? 麒麟田村の次なる野望

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「オレのカレーは世界一」吉田栄作の意外な話術のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! テレビツッコミ道場マナカナ吉田栄作武内陶子のニュースならサイゾーウーマンへ!