今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

若槻千夏、せっかくのリニューアルもシカト?

wakatukitinatu.jpg
復帰成功なるか?

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎若槻千夏
 充電中に各種メンテナンスしやがったな、と話題のゴマキであるが、話題になるだけマシなのかもしれない。久々に帰ってきた若槻千夏は、鼻梁にかなりの変化が見られるのに、誰も指摘すらしない。規模としてはゴマキに負けず劣らずなのに。パっと見た瞬間、小林幸子と見間違えたくらい。

◎星野仙一
 オリンピックでケチがつき、WBC監督決定のゴチャゴチャでさらにケチがつき、先日はブログも閉鎖と、すっかりやさぐれモードの星野仙一。五輪後に放映が始まった、彼起用のCMを見るにつけ、どんな風に「五輪後」の人生の青写真を描いてたのかがにじみ出ていて生々しい。本人は今の総スカン状態を「みんな手の平返しやがって!」と怒ってるんだろうが、ま、ハイリスク、ハイリターンってことだ。逆に、『NEWS ZERO』で、関係ないキャスターたちへ八つ当たりする見苦しい姿なんかを見ると「五輪で優勝しなくてよかったな」と思う。「日本中の落胆」という代価を経て「星野仙一がのさばらない社会」が生まれたのだ。そう考えると、代価は結構安かった気がする。

◎逆ギレ少女
 スーパーの前で缶チューハイを飲み、通報で駆け付けた中学教師を殴って鼻を折ったという中二少女のことが頭から離れない。血の気の多い大の男でも、人の顔を、鼻を折るほど躊躇なく殴れる豪の者はなかなかいないだろうに。しかも、「腐ったミカン」的扱いを受けたわけでもなく、明らかに自分が悪いという状況下で。なんか、ちょっとしたプロレスラー並の武勇伝である。武勇伝なんて言うと、被害者も出たというのに不謹慎だが、「牛殺し」や「虎と死闘」なんかと同じ並びにあるような気がする。いっそ年末の格闘技番組に出してみてはどうか。魔娑斗くらいにはそこそこ勝ちそうである。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

【バックナンバー】
・加山雄三流、賢い借金の返し方
・小室哲哉が詐欺相手の社長に送った曲
・ワイドショーの顔ぶれに見る、泰葉のイカレ具合

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

若槻千夏、せっかくのリニューアルもシカト?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 後藤真希星野仙一若槻千夏週刊ヒトコト斬りのニュースならサイゾーウーマンへ!