今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

加山雄三流、賢い借金の返し方

kayamayuzo.jpg

 毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎加山雄三と小室哲哉
借金苦の先輩として、小室容疑者に苦言を呈した加山雄三。しかし「消えていなくなっていい」まで言うか。正義感というより近親憎悪って感じがするのだが。そして時を同じくして、怒涛の勢いで放映される「ぱちんこ・加山雄三」のCM……。ま、「借金を返す」ってのはこういうことだ。「ぱちんこ・小室哲哉」。


◎鶴亀兄弟
土地をめぐるトラブルで73歳の双子の兄が弟を殺害。兄「亀吉」、弟「鶴男」だと。往年の上方漫才コンビか。名前といい、「73歳・双子」という構図といい、やり方によっては町のマスコットキャラクターくらいはイケたかもしれないのに。転がし方によっては「第二のきんさんぎんさん」を狙えたかも。もう少し辛抱してれば。惜しい!

◎SM殺人事件
内縁の夫殺害Vシネマ女優、裁判で「SMプレイの一貫」と殺意を否認したそうだ。いつも殴り合ってから性行為してたそうで、事件当時も殴られて意識が飛んでたと。気づいたら相手が死んでたと。ま、浮かんでくるのは「死人に口なし」という身もフタもないフレーズなわけであるが。なんか往年の「ウィークエンダー」的というか、二重三重にオヤジが喜びそうな事件である。「どう思う?」なんつって部下の女性社員に水向けたりして。この話には、どうコメントしても何らかの「性的嗜好」がつまびらかになる部分がある。迷惑している女性も多いんじゃないだろうか。社会とあまり接点のない私の勝手な老婆心か。

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

【関連記事】 小室哲哉が詐欺相手の社長に送った曲
【関連記事】 ワイドショーの顔ぶれに見る、泰葉のイカレ具合
【関連記事】 麻生首相「パンがなければ……」

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  7. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  8. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  9. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  12. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  13. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  16. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  17. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  18. 違法ギャンブル逮捕に狩野英孝が冷や汗
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 覚せい剤使用体験の天国と地獄

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー