[ジャニーズ最新言行録]

森田剛、ソロコンのスーパーサービスに号泣するファンも

森田もご満悦♪

 デビュー13年目にして、初のソロコンサートを東京・お台場にあるジャニーズシアターで迎えたV6・森田剛。バックにプロのダンサーを配したハイレベルなダンスと、V6、カミセン、ソロとそれぞれの曲を織りまぜたステージに、ファンは魅了されっぱなし。MCや映像ではシャイな一面を見せるいっぽう、スタンディング禁止の会場にも関わらずアンコール時には「立って! 立って!」と自ら観客をあおるという型破りなキャラも健在。だが、今回のソロコンでいちばんの話題となったのは、森田が「ずっとやりたかった」とあたためていた、あるコーナーだった。


「曲中、天井から風船が降ってくるんですけど、そのうちのひとつかふたつに”当たり”があるんです。その風船を当てた”ラッキーガール”は、なんとステージに上がって剛くんにソロ曲、しかもラブソングを歌ってもらえるんですよ! 当たりがひとりの場合は手をひいてステージまで連れてってくれて、風船にサインまでしてもらってました。私は緊張しすぎちゃうから当てたくなかったけど、やっぱりうらやましかったです(笑)」(コンサートを観たファン)

 予想もしていなかったスーパーサービスに、当たりをひいた瞬間、感激して号泣するファンや、取り合いになって風船が割れてしまうというハプニングも。また、コンサートを観にきたリーダー・坂本が当たりの風船をゲットするというミラクルが起こった際は、森田自身が「ヤダ! 絶対ヤダ!」と、坂本にラブソングを捧げるのを断固拒否するという爆笑シーンも。

 このコーナー以外にも、客席の間を悠然と歩きながら歌うなど、ファンとの距離を楽しみながらステージを終えた森田。バリバリのアイドル時代には考えられないステージングには、今のポジションを築いた経験からくる余裕さえ感じられる。このソロコンをもってジャニーズシアターは解体されてしまうけれど、SUMARRY以降行われたジャニーズタレントのソロコンは軒並み大好評で、アイドル本人もやりたいことができて大満足だったよう。ほどよい距離感が楽しめる小規模会場でのソロコン、ぜひ再開してほしいものだ。

【関連記事】 TOKIO・城島茂が明かす、デビュー前夜のジャニーさんの電話
【関連記事】 食欲の秋! グルメ・長野博がラーメン道邁進!
【関連記事】 V6森田ショック! ツアー中に衣装が全焼していた

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  11. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  12. 新春ジャニオタ放談
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー