[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

仕事量に差がありすぎる! タッキー&翼に解散の噂

takkikki-.jpg
タッキー、思うところアリ?

 ドラマ『告知せず』(テレビ朝日系、15日・夜9時〜)に出演するタッキーこと滝沢秀明。先日行われた試写会では、5都市を2日間でまわり舞台あいさつをするなど、超ハードスケジュールの日々を送っている。そんなタッキーに一部で解散説が流れている。

 きっかけは、来年1月に上演される舞台『新春滝沢革命』。ジャニー喜多川社長が直々に作・構成・演出を担当し、帝国劇場初の元日興行、さらにはタッキーが80歳のおじいさんに扮することなどでも話題を呼んでいるが、この公演に合わせてタッキーが自分で作詞・作曲したテーマ曲でソロCDをリリースすることも決定しているのだ。


 そんな背景があって、ファンの間では「”滝つ”のコンビだから大丈夫って信じてるけど……なんか心配」「ここ2、3年恒例になってたクリスマスコンもなくなったし、やっぱり……?」など、不安視する声があがりはじめている。一部では、「滝沢が売れなかったのは翼がいたからだからな。最初からソロでよかったんだよ」「もともと滝沢だけで良かったろ」なんて心ない声も。

「以前から、滝沢と翼はソロで活動する機会が多く、『仕事量に差がありすぎる!』と翼ファンからは不満の声が上がっていました。確かに、CMやTVドラマ、バラエティなど華やかな仕事が多い滝沢に比べて、翼はここ数年、舞台やラジオ、自身が好きな野球関連の仕事など、いわばマニア向けの活動しかしていない状態ですから、地味な印象は否めない。タッキー&翼として08年唯一のシングル『恋詩−コイウタ−/PROGRESS』も、内博貴が出演したドラマ『おせん』の主題歌にムリヤリ食い込ませたワリには売れ行きも芳しくなかったし……。ユニットとして存在する意味があるのかは、正直言って微妙ですよね」(ジャニーズウォッチャー)

 もともと、デビュー当初から「ジャニーさんはタッキーをソロデビューさせるつもりだったけど、タッキーが翼と一緒にデビューしたいって言い張ったから仕方なくデュオになった」「タッキー&翼っていうユニット名は、ふたりがいずれ解散しても不自然じゃないようにつけた名前」など、ファンの間では諸説囁かれていた。

 お互いに「ずーっと一緒に仕事してきて、なんでもいろいろ話せる親友」と語るほど仲がよく、そのラブラブぶりに「萌え」ているファンもいたのに、このタイミングで解散なんてことになったら残念だ。ユニットのほのぼのした雰囲気が、一般的な人気につながるわけではないということなんでしょうか?

【関連記事】 今井翼が沈黙を破り、ソロ舞台の批判に答える
【関連記事】 セレブパーティみたいなNEWSコンにタッキー登場!
【関連記事】 タッキー、レストランで全メニューを注文する石原軍団にびっくり!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  6. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  7. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  15. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  16. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  17. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  18. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと