[ジャニーズ最新言行録]

KinKi Kidsファンの間で話題の”シンクロキッズ”現象とは?

 KinKi Kids・堂本剛とはプライベートでも仲が良いという一青窈。彼女をゲストに迎えた11月16日放送の『新堂本兄弟』(フジテレビ系)では、いつも以上にファン心をくすぐるシーンが盛りだくさんでした。さっそくレポートします!

 まずは恒例の一問一答のコーナー。”人生最大の危機は?”という質問に「高速道路でスピン」と回答した一青窈。なんでも、ピンボールみたいになった挙げ句にスピンするという、衝撃的な体験をしたそうで、「何がどうなってそうなっちゃったんですか?」と、車に詳しい光一はすかさず突っ込み。そこで、状況を説明しようとした一青窈が「土砂降りの中で――」と言いかけた瞬間、

「あ〜、ハイドロ!」
「あ〜、ハイドロ!」


と、マナカナもびっくりのハモリを見せた剛と光一。「ハイドロ」とは「ハイドロプレーニング現象」のことで、タイヤと路面の間に水が入ってすべることを言う。

 実はこれまでにも、「ガールズトークってなに?」(倖田來未ゲストの回)などの発言や、同時にスーパーマリオの真似をする”マリオポーズ”(工藤静香ゲストの回)などなど、ふたりのシンクロぶりは話題になっていて、一部のファンはこの現象を”シンクロキッズ”と名付けているほど。「ハイドロ」という単語だけならまだしも、「あ〜」の部分から重なってしまうところはさすがのコンビ愛というか、いやはや鳥肌モノです。

 さらに質問は続き、光一の電車の時刻表や乗り継ぎが「めっきり分からない」エピソードや、「誕プレ(=誕生日プレゼント)」「いろち(=色違い)」などの単語が理解できない話なども披露。ハゲキャラや天然キャラが定着している光一ですが、ここ最近はこんな”オヤジキャラ”アピールも目立つ気が……。一体彼はどこへ行ってしまうつもりなんでしょうか。

 そして極めつけは”一週間修行するなら?”の問いに「断食をして中のものをすっきりさせたい」と答えた一青窈に、「うんこになって出て来るってことですか?」「全てのものがうんこになる」「関西人はうんこに反応しますから」と光一が”うんこ”を連呼。それを受け、普段ならつっこむはずの剛が「Unko is life」と堂々(?)宣言するという展開……。うーん。同じ関西出身でも、関ジャニ∞が下ネタ発言したら「下品!」などと叩かれてしまうのに、ナゼこのふたりだとすんなり受け入れられてしまうのか……ナゾです。

 その後も、光一がブラザートムから「合コンで女の子から電話番号を聞く方法」のテクニックを伝授され、急きょミニコントが繰り広げられたり、レギュラーメンバーの女子を交えたフォークダンス大会があったりと、いつも以上に楽しそうだったふたり。現在は「キンキキッズ 緊急全国ツアーKinKi you コンサート。」で全国を巡っている彼らですが、来年1月1日の京セラドーム大阪公演まで、相変わらずのゆる〜いペースでファンを楽しませてくれそう。MCでのシンクロぶりも、要チェックですね!

【関連記事】 すばるは俺に似てる!? あの芥川賞作家が関ジャニーを大絶賛!
【関連記事】 仕事量に差がありすぎる! タッキー&翼に解散の噂
【関連記事】 お疲れモードの堂本剛、メンタル面は大丈夫?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク