[TVツッコミ道場]

リア・ディゾン結婚報道に、みのさんは……?

riadhizonnn.gif
もしかして、リアのこと好きだったとか?

 今日ツッコませていただくのは、10月15日に日テレで放送された『午後は○○おもいッきりテレビ』。

 同番組の冒頭では、前日・14日に、リア・ディゾンがライブ会場のステージ上で電撃結婚&オメデタを発表したことが、芸能トップニュース扱いで報じられた。突然の報告に、会場のファンは一瞬、驚いたものの、「おめでとう~」などの声がとび、祝福ムードに包まれていた。

 ところが、である。


 スタジオに画面が切り替わると、まるで誰かが亡くなったか、大災害があったかと思うほどの、気まずい沈黙が流れていた。そんな沈黙を破るように、まず第一声を放ったのは、松本伊代。

「……でもまぁ、赤ちゃんできちゃったんだから、仕方ないですよね」

 え!? いきなりなんで親戚のおばさん目線!?と思うと、みのもんたも、眉をひそめ、うつむき加減で、腕組みをして、こう続けた。

「……でもまぁ、最近は隠してやることも多いけど、隠してるわけでもないから、いいじゃない」

 やはり腕組みしたまま、ものすごく怖い顔である。「いいじゃない」と思っているとは、到底思えない様子だ。リア・ディゾン、そんなに悪いことをしたのか?

 そこで発表されたのは、フリップにまとめられた「最近結婚したアイドル」の一覧。辻希美、サエコなどとともに、いちばん下には「酒井美紀(30)」と書かれている。ずいぶん唐突なラインナップに入れられ、酒井美紀もビックリしていることだろう。「アイドル」じゃないし、ちゃんと大人だし……と思っていると、「この方は、アイドルじゃないですけど」と一応、フォローが入った。

 しかし、気まずい沈黙は続き、モデル・タレントの椿姫彩菜が、司会者側の尋常でない落胆ぶりをフォローするかのように言った。

「でもやっぱり、ファンの方とかお仕事の方とか、ちょっと納得いかない方もいるんじゃないですかね」

 そして、終始、重苦しい空気のまま、番組は次の話題へと移行――。

 各スポーツ紙などが報じているおめでたいムードとは正反対の、この訃報のような扱われ方。
みのもんたが、リア・ディゾンの大変なファンだったということなのか、松本伊代が「でき婚」を非常に嫌う人なのか、その理由はわからないが、とりあえず「おめでとう」の言葉は一切聞かれない、重く暗い結婚報道だった。
(田幸和歌子)

【関連記事】 加勢大周のクローゼット事情
【関連記事】 感動歌番組がバラエティ調に! ナゾのカメラワークの正体とは?
【関連記事】 波平が美容院に! ネタを地でいく「サザエさん」ワールド

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク