大作だけが映画じゃない!

今年も豊作”ミニシアター”のススメ

yaminokodomo.jpg

 ようやく秋の気配を感じる今日この頃。映画業界では8月30日に『20世紀少年』『ハンコック』という洋邦の最後の大作が封切られ、市場はアート系、ラブストーリー映画などが多く出回る秋興行へと移行していく。  しかし、夏は大作ばかりというわけでもない。その陰で健闘するいわゆるミニシアター系の映画も数多く存在する。脂っこい料理ばかりでは胃もたれを 起こすように、派手なアクション映画ばかりを見ていると、たまには気分を変えたくなるもの。今回はこの夏に公開され、現在も上映中の優れたミニシアター系 の作品をいくつか紹介する。

 
 まずは、『顔』『KT』といった社会派映画を得意とする阪本順治監督が、『血と骨』などで知られる梁石日の同名小説を映画化した『闇の子供たち』。タイで 行われている臓器売買や児童買春を真正面から描いた骨太サスペンスドラマで、キャストは江口洋介、宮崎あおい、妻夫木聡、佐藤浩市とスターがズラリ。幼児 売春のシーンなど直接的な描写も臆することなく描いたり、対岸の火事と思われないよう、決して日本人も関係ない話ではないというメッセージも込められてい る。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  8. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  9. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  10. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  11. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  14. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  15. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  20. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー